2018/09/01

臓器移植って知っていますか?

グリーンリボンバッジと補助人工心臓
 毎年10月は「臓器移植普及推進月間」であり、色々なイベントが開催されます。皆様もご参加されてはいかがでしょうか?

臓器移植普及推進月間とは?

下記は厚生労働省HPからの抜粋
 毎年10月は「臓器移植普及推進月間」として、臓器移植の一層の定着・推進を図るため、広く国民に対して臓器移植の現状を周知するとともに、移植医療に対する理解と協力のための普及啓発を行っております。
 平成22年7月17日に全面施行された改正臓器移植法において、国及び地方公共団体は、移植医療に関する啓発及び知識の普及に必要な施策を講ずるものとするとの規定が設けられ、一層の普及啓発への取組が求められるところです。このため、「臓器移植普及推進月間」を設け、広く国民に対して、臓器移植の現状を周知するとともに、臓器移植に対する理解と協力を得るための普及啓発を行うものです。
  また、この間の主要行事の一つとして、臓器移植推進国民大会を開催しております。

直近で開催されるイベントを紹介してみたい。もしかすると「ボクと握手」できるかもしれない。

東京開催のイベント

東京 駒沢公園
 昨年、初めて訪問してみましたが大変勇気をもらったイベントでした。私は写真を撮ったり、移植待機者の姿を表に出すことに意味があった思う。天候に左右されるイベントだが、事情が許せば行ってみたい。

<過去記事>
グリーンリボンランニングへ参加⁉
続 グリーンリボンランニング フェスティバル


東京 丸の内
こちらもは015年より連続参加している講演会です。昨年は演者の一人として少しだけお話させていただきました。今年も都合がつけば参加したい。

<過去記事>
心移植について考えよう 2015
日本らしい移植医療啓発とは?
どうやら2017年はイベント続きでレポートをしていなかったようだが、国内移植待機者として少しお話をさせていただきました。


東京以外で開催されるイベント

グリーンリボンライトアップ
鳥取県
ひろしまグリーンリボン フェス 2018
広島県



移植法施行20年、現在とこれから
兵庫県

「根活」してますか?

 テレビでスーパー健康食品としてゴボウが取り上げられた訳ではないし、私のそりこみ部分の後退を阻止しようという活動でもない。

移植医療に関する草の根活動のことだ。「根活」は私が勝手にネーミングしただけ
私は国内心臓移植を待つという状況におり、移植医療の普及啓発というよりは待機者の現状について発信する活動へ力を入れている。本当は移植医療の普及啓発活動のほうが明るいイメージがあり、そちらの方が見栄えするかもしれない。しかし、私は待機者の現状について語るほうへ力を入れる。何故ならば


日本における心臓移植待機者と家族の現状は「異常」と感じているから


 3年半を超えた私は心臓移植を迎える日の半分を過ぎたのか?これから心臓移植登録をされる人は待期期間の説明で何年と言われるのだろうか?現在の国内心臓移植の状況は、長きにわたる待機期間を乗り越えられたとして、心臓移植登録を望んだ当時の思いは成就するのだろうか?


こんなはずじゃなかった


 今の私でさえ、この言葉を思い浮かべることは稀ではない。誰かが「生きているだけでまるもうけ」と言った。確かにそうかもしれないが、本人がそう感じることができるかは別問題だ。補助人工心臓はスゴイ医療機器だ。それによって生活ができている。しかし、今の私は「生きているだけでまるもうけ」とは言い難い。



「井戸バド会議」は「井戸バド会議オンエア」へ移行します


 私が行う活動は草の根がメインであり、その取り組みでは患者間交流を表に出すことも求められる。直接顔を突き合わせる交流会を企画することは大変な労力を必要とするため開催を控えているが、ビデオチャット(井戸バド会議)を使った交流は不定期開催ではあるものの続けている。しかし、これらは参加者以外は交流の内容を見ることができなかい。

 以前より井戸バド会議の参加者にはお伝えしていたのですが、色々な問題を解決するため「井戸バド会議オンエア」へ徐々に移行します。
詳しくは下記の記事を確認ください。


直近で9/2(日)15:00より井戸バド会議オンエアを開催します。
参加申込はコチラへお願いします。


もしかすると参加者が集まらずに一人喋るだけのライブ配信になるかも知れないが、そんなことを気にしていたら「根活」はできない。

0 コメント:

コメントを投稿