2018/09/12

エヴァハートのクールシール洗浄

 エヴァハートの消費電力が上がっているという記事を書きましたが、今回はいつもの「水不足」が原因ではないことが判明しました。渇水でなければ何が原因なのか?
該当記事:再び所沢へ出没!!心臓移植待機中のカメラマン


多摩湖こと村山貯水池の写真




エヴァハートの消費電力(W)ベースアップと対処方法

 やはり消費電力が上がっていましたが、その範囲はたまに15ワットを越すほどになっていました。いつもならポンプの軸受部分を循環する滅菌水を補液することで消費電力も下がるのですが、今回は全くと言っていいほど下がらなかった。

エヴァハートのPumpPower推移
機器点検の前日までの消費電力の推移
 2年半近く回転数や消費電力も大きな変動なしで過ごしてきたのが、ここにきて消費電力が反抗期か?消費電力が下がらないので、クールシールの流路洗浄をすることになった。流路洗浄は滅菌水を1リットルくらい押し込んで流路を洗い流す。押し込んでいる最中は軸受へ負荷がかかるのか、胸の奥で釣り上げた小鯖が暴れているくらいブルブルとバイブレーションを感じる。決して気持ちのよいものではない…
この感覚、分かってくれる人は少ないだろう。
 結局、消費電力は落ちなかった。たまにポンプが唸るような感覚もあるので、消費電力としても安定していないのであろう、バッテリー1本当たりの駆動時間は6時間から3時間くらいに半減した。


消費電力は安定してきたのか?

 動画は先ほど撮影した表示パネルのポンプ回転数(rpm)と消費電力(w)である。だいぶ落ち着いてきた感じではある、クールシールフィルタの交換時期も迫っているので、そこまで持てばよいかな?




ハッピー・マンデーは患者にとって嬉しくない?

9月と10月のカレンダー

  9月10日(月) デパートの催事を彷彿させるかのように混み合っていた採血室。来週以降の月曜日は休みが続くので、月曜受診の患者が殺到したのかもしれない。担当医が月曜日限定の患者にしてみるとハッピー・マンデーやらシャイニング・マンデーは迷惑なのかもしれない。


夢の国と見劣りしない待ち時間

外来受診時の受付表と採血待ち時間
予測待ち時間は65分!?

 採血室の自動受付機へ診察券を通すとネズミがいる夢の国にも劣らない65分待ちという受付表が出てきた。これもアトラクションへ乗り込む際の高揚感を得るための技なのか?しかし、採血へ高揚感は求めていない。夢の国と違ってファストパス・チケットのようなものは存在しない。一応診察予約というファストパス・チケットはあるが、時間通りにいかないのはどの病院も同じなのか?いずれにせよ当日の運要素が強いのかもしれない。
 受付してから80分後に採血を受けることができたので時間予測としては有能なのかも知れないが、採血だけで1時間以上かかることが常態化しつつある病院はいかがなものかと思う。こんなことを書くと何処からともなく批判の書き込みやメッセージが届くこともありますが、素直な気持ちを書いておきます。なお、長い待ち時間以外に採血室への不満はありません。




外来担当医や病院スタッフにとって祝日はハッピーでシャイニングなのか?

様々な仕事に忙殺される医師

 月曜日の外来担当医はハッピー・マンデーに影響され、一日にとてつもない量の患者を捌かなければらなないこともあるのだろう。そういった日はストレスフルで全然ハッピーではないだろうが、流れる汗と涙が輝て見えるからシャイニング・マンデーは当てはまるのかもしれない。とはいえ、患者のためにも祝日にはシッカリとオフを満喫してリフレッシュしていただきたいものです。


病院の一日がかりはウソだ!!半休で行ってこい!!

この世のどこかの会社ではそのように思う上司がいるかもしれない。確かに風邪やちょっとした怪我なら半休でも可能だろうが、補助人工心臓装着者の外来受診はそんなに短くはない。



外来通院は正味1時間、実質10時間

  • 通院の往復で3時間
  • 採血5分
  • 心電図5分
  • レントゲンはなかった
  • VAD機器点検10分、流路洗浄10分
  • 診察20分
  • 在宅物品受取り10分
  • 待ち時間は6時間


 このメニューをこなして終わりではありません、帰宅すればシャワーを浴びたりと色々とやることはあるので、翌日は大抵グロッキーになります。通院ついでに遊んでばかりいるわけじゃありません。ちなみに処方箋もいただきましたが、調剤薬局の時間は含まれておりません。
私はこれを3週間サイクルです。補助人工心臓を装着するのであれば、本人のみならず家族もそのような状況を数年間耐えしのぐ必要がでてくるかも知れません。外来ならまだしも長期入院することも十分に考えられます。仕事をしているのならば休まなくてはいけないかもしれません。解雇されるかもしれません。家事をする時間がなくなるかも知れません。親や子供の世話まで手が行き届かないかも知れません。多くの自信と生きがいを奪われるかもしれません。
あまりにも正直な現実を書く人が少ないと感じているので、あくまで私のケースとして書いておきます。ハッキリ言って日本の心臓移植待機生活は待機期間だけではなく色々と
異常だ。

0 コメント:

コメントを投稿